植田正治 2018年 カレンダー with 2107年5月−12月【スタンドなし】

※表紙は「案山子(かかし)」(トップ画像)と「マスクを被った自画像」(次の画像)の2種類があります。
クレジット決済画面の下段「備考欄」に「案山子」、「マスク」のいずれをご希望か記入して決済してください。

ブックスアンドモダンで2017年3月8日より開催の「植田正治作品集出版記念写真展 もうひとつの風景」に合わせ、特別企画のオリジナルのカレンダーを製作しました。

カレンダーのカバーの裏面が1枚綴りで今年(2017年)の5月−12月、本文の2018年12カ月が12枚のカード(A5サイズ)となった1パッケージです。
植田正治の59歳の初渡欧から生まれた『音のない記憶』の中からの選りすぐりのイメージと、世界共通語ともなった「Ueda-cho(植田調)」のイメージを絶妙なバランスで取り合わせました。

2017年の5月から20カ月にわたって美しいモノクロプリントの世界を楽しめるカレンダーです。
またシンプルなカードスタンドも作りました。こちらもぜひ……。デスクにアートの小空間を演出してください。
「SHOJI UEDA 2018 CALENDAR」(2,000円・税別)
カードスタンド(300円・税別)

作家プロフィール
植田正治 Shoji Ueda(1913−2000)
1913年、鳥取県境港市生まれ。生涯、鳥取を拠点に遊び心あふれる写真世界を提示し続けた。砂丘を背景とした演出写真はユーモアとシュールな詩情、ポリフォニーを湛えたイメージで、70年代フランスを始めとするヨーロッパでの評価を不動のものとし、Ueda-cho(植田調)は世界共通語となった。ピクトリアリズム、シュールレアリスム、ストレートフォト……あらゆる表現領域を自由自在に横断し、〈童暦〉〈小さい伝記〉〈音のない記憶〉〈風景の光景〉〈白い風〉などの作品集(シリーズ)は、日本の現代写真のたどった時代を映しているといえる。1989年 日本写真協会功労賞、1996年 フランス芸術文化勲章シュヴァリエ賞受賞。

商品仕様
サイズ
【カバー】表・裏面/2017年5月−12月
(カバーのサイズ)長さ296×幅210㎜
【内容】2018年1月−12月/12枚
【判形】A5(148×210㎜)
【スタンド】長さ105×高さ15×奥行き40㎜(木集成材)

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • DM便

    全国一律 200円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。