メカス特集『フローズン・フィルム・フレームズ 静止した映画』 | Books and Modern

1/4

メカス特集『フローズン・フィルム・フレームズ 静止した映画』

¥2,200 税込

¥86,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

☁Books and Modern HP☁
https://booksandmodern.com
https://booksandmodern.com/gallery/1375/

■『フローズン・フィルム・フレームズ 静止した映画』
1997年初版発行
著者:ジョナス・メカス
訳者:木下哲夫
発行:河出書房新社 編集:フォトプラネット
ページ:126ページ
サイズ:縦19.5㎝×横13.5㎝×厚さ1.5㎝

「フローズン・フィルム・フレームズ」とは、映像を撮影した16㎜フィルムから起こしたプリント作品です。

これは木下哲夫氏(メカス著作の多くの翻訳を手掛ける)、綿貫不二夫氏(ギャラリー「ときの忘れもの」オーナー)とともに考案された形態で、日本とメカスの深い関係から生まれた表現と言えるでしょう。

味わい深く幸福な余韻を残す映画の多くが、ストーリーや演出とは別次元の、映像の魅力によるという事実(美しい画像の連続がもたらすある種の陶酔)を裏付けるかのように、これらのプリントは「完璧なフレーミング」と「映画的な物語性」が相乗して、見る人の想像力をかき立てます。
フローズン・フィルム・フレームズは、まさにメカス独自の写真表現と言える作品群です。

この本には、その「フローズン・フィルム・フレームズ」の作例と、背景と重なるテーマに触れた日記や、日本との出会い、メカスの半生が綴られています。

また、巻末の「編者あとがき」には、以下のように記されています。

「本書はそれぞれ出典を異にするいくつかのパートから構成されている。
内容的にはその作品の根を育んだリトアニア時代から、まったく新しいジャンルを切り拓いた近年の作品まで、また日記、対話、エッセイという異なるスタイルの言葉を通して、多様な角度からジョナス・メカスの世界に触れていただければ…」。

この言葉のとおり、90年代当時のメカスの世界、メカスが自身を振り返って語る言葉に触れる一冊です。

※ 本書編集は八角聡仁(やすみ・あきひと)氏による。
(巻末クレジット不掲載のため各方面に確認しました)。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (8)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,200 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品